読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shits

20代半ばにして突然ジャニオタになったひとのブログ

私にとっての塚田僚一さんという人の話 ~30歳まであと2日~

 

塚ちゃんの金髪が好きです。

黄色は、太陽みたいにあたたかくて眩しくて、ひまわりみたいに真っ直ぐな塚ちゃんにぴったりな色だと思うから。

黒や紺のお洋服を着れば、夜空に浮かぶお星様みたいにキラキラと輝くから。

こまめに染め直されていつも根元まで綺麗な金色をしているそれを見るたびに、塚ちゃんはアイドルなんだなって、なんだか誇らしい気持ちになるから。

 

塚ちゃんの声が好きです。

きゅるんとして可愛らしくて、みんなに愛される塚ちゃんによく似合っていると思うから。

歌えば柔らかく丸みを帯びて、塚ちゃんの優しい心を表しているような気がするから。

ときにはそっと囁くような歌声で、私をドキドキさせてくれるから。

  

塚ちゃんご自慢の筋肉が好きです。

塚ちゃんの弛まぬ日々の努力の賜物だから。

塚ちゃんが厳しい世界を生き抜いていくための、何よりの武器だから。

そしてその最強の武器で、いつも私たちを幸せにするパフォーマンスを届けてくれるから。

ゆったりしたお洋服を着ると、コロコロと丸みを帯びたシルエットになってたまらなく愛おしくなるから。

 

 塚ちゃんのダンスが好きです。

力強くしなやかで、いつものふんわりしたあたたかさは身を潜めてしまうのに、代わりに溢れ出る熱い色気を纏ったきらめきが甘くて、いつだって夢を見させてくれるから。

 

塚ちゃんの優しい心が好きです。

ただただ真っ直ぐでひた向きであたたかいから。

寂しいとき怖いとき泣きそうなとき、塚ちゃんのそのあたたかさと優しさに私は何度も救われたから。

  

 

 今年初めて行ったA.B.C-Zのコンサート、こんなことを言うと大袈裟だと思われそうだけど、今まで行ったどんなコンサートや舞台やライブよりも感動しました。

大阪2日目夜のオーラス公演、しんどいはずの体に鞭打って壁を登る塚ちゃんを見つめながら、全力で、心の底から、泣きそうになりながら(もう半分くらい泣いてたけど)応援の言葉を叫び続けたことを絶対に忘れたくない。

あんなに全身全霊をかけて誰かを応援したくて、頑張れ、お願いだから頑張ってって泣くことが、この先一体あとどれくらいあるんだろう?

自分の中にこんなにもこんなにも誰かを強く思う心があったなんて、長い間忘れていたのか、そもそも知らなかったのかわからないけど驚いて、なんだか塚ちゃんにつられて私まであたたかい人になってしまったみたいだなって、泣きながらちょっと笑いました。

私から、私さえ知らなかった感情を、力ずくでずるずる引き摺り出してしまう。私にとって塚ちゃんは、なんかそういうハチャメチャですごい人なのです。

 

 

塚ちゃんの、30歳という節目の年をお祝いできることを幸せに思います。

30歳の塚ちゃんまであと2日!

 

tk46.hatenablog.com

 

主催のつきしろ様、企画の立ち上げありがとうございます。

これをもって、ささやかながら私からのカウントダウンとさせていただきます。

 

塚ちゃんが大好きだ〜!