読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shits

20代半ばにして突然ジャニオタになったひとのブログ

中島裕翔くんに向けた私の気持ちの話

裕翔くん、23歳のお誕生日おめでとうございます。

 

私が裕翔くんを見つけてから、1年と半年が経ちました。いろんなことに驚いて、感動して、喜び、興奮し、そしてたまに傷付いたりした1年半。

今でもたまに、アイドル中島裕翔くんを初めて見たあの日を思い出します。あのときの裕翔くんの輝きは、強烈で鮮明で、カメラの強いフラッシュみたいに瞼に焼き付いて、今も私の視界にチラチラと映り込んで離れないのです。

 

アイドルはファンのためにある〜なんていう名言もありますが、だとしたらファンである私が裕翔くんに望むのは「ファンのために生きない」ことです。

ファンのためを思って、ファンのために生きない、というなんだかパラドックス的な話になっちゃってるのはまあ置いといて、私はいつも裕翔くんが自由であることを願っています。

しかし実際こんなこと思っているファンがどれだけいるのって話だし、アイドルという職業である以上「ファンのため」という言葉抜きでいることは不可能だということ、仕事である以上何のしがらみもなく、なんていうのが不可能なことはわかってます。

でもそんな中でも、ほんの少しでも自由に、ファンの顔色なんか伺わないで、自分が信じる道を進んでほしい。なにより私は、裕翔くん自身がどんなことをしたいのか、それが知りたいし見たいのです。

 

去年ピンクとグレー関連の雑誌記事で裕翔くんは「自分にしかできないこと」について何度も話していました。自分にしかできないことってなんなのか、探しているけれど今はまだわからないと。

その答えが見つかっても見つからなくても、せめてこの問いに裕翔くんの中で何かひとつの結論が出るまで、私はこの人を見ていたいなと、かなり漠然とですがそのとき思いまして、なのでまだまだこれからも、勝手にあとを追っかけてくつもりです。

もしかしたらこんな話をしたこと、裕翔くんは忘れちゃうかもしれませんが。

 

 裕翔くんの、涼しげなのに笑うとフンワリあたたかい目元と、その下から頬を伝って首筋に流れ落ちる綺麗な黒子と、スラリとした立ち姿と、手足を大きく使った大胆で華麗なダンスと、少し鼻にかかった優しくてまあるい歌声と、演技のときに見せる繊細な表情と、急に子供みたいにはしゃぎだす無邪気さと、真面目で気にしいで考えすぎてしまうところと、少し神経質なところと、熱く美しいドラムプレイと、あとネクタイをいつもキッチリ上まで上げるところが好きです。

 

これからも裕翔くんにひとつでも多くの幸福が訪れますように。

 

23歳のあなたが見せてくれるであろう輝きを、心から楽しみにしています。

 

おめでとう。

 

そしてありがとう。